デリヘル嬢お約束の膝上丈のスカートをはき

店は市内だけでも、70くらいある。同じように本番強要を続けた。中には、オプションでオーケーの女もいたが、追加の金を払う気はなかった。俺は誰にも満足できなった。君しかいない、と自分であらためてわかった。

やっぱり、君が俺の天使だった。ホテルに通うのにも疲れた。俺は車で町を流し、一人歩きの若く美しい娘を物色した。なかなか会えなかった。数日後のその日、とうとう、はじめての獲物を見つけた。俺は興奮し、それから、気持を静めた。

 
デリヘルでハズレを引かない唯一の方法高級
ーその口調には自分の夫に対する軽蔑のようなニュアンスが混じっていた。仕事は何してるの2rどこに勤めてないよrギャンブル関係ですか?と私に尋ねてくるいつもの通り私の場合は一度もそんな風に見られたことはなく、それから彼女は私に対してと聞いて来たので、とだけ答えた。すると、しばらく考えて今回はギャンブラーにされてしまった。勤めてないと言えばフリーランサーや自営業も仲間に入ると思うが、生き方はギャンブルみたいなもんだね私がそう言うと、彼女は私だって、ギャンブルみたいなもんです。

全然働いてくれないの?
全然働いてくれないの?

うんと私に納得させるように言った。夫のご両親が頭金を五00万円用意するから家を買いなさいとか言ってるけど、旦那さん、金4m使いまくってるんだねもう信じられないです。あいつはr旦那さんが風俗に行っているとか、そういうのはないの2このままじゃ自己破産ですから、うん。ホント冗談じゃなくて私がそう言うと、彼女は一瞬考えるために葉を飲んだま畜、ないと思います。あったら許せないです。うん子供放って、家にお金も人れないで遊んでるってことでしょ。お金しっかり入れてくれたら、別にどこでも好きに遊んで来なです。

 
ひとりでも本番をさせる
少し地味で平岩紙に似た顔をした、決して美人とは言えない女性でした。口数が少なく控えめな性格で、他の女性社員とも余り仲良くなろうとせずに一人でいることが多かった。そんな彼女が気になる様になったきっかけは、暑い夏のとある日連日続いた猛暑で、俺もその日は上はワイシャツ一枚という格好で、彼女も男性が俺と課長だけだったせいか、制服用のベストを脱ぎ、いつもは貿めてあるワイシャツの上のボタンも外し、会議の資料作りのため、俺は必死にパソコンを打っていた。彼女が気を利かせて麦茶を持って来てくれ、前屈みになりテーブルに置こうとした時だった。彼女の乳房が垂直に大きく垂れ下がり、ボタンを外したワイシャツの胸元から深い谷間の絶景が覗かせた。どうやら彼女は着痩せするタイプらしく、制服の上からは想像も出来ないくらいの巨乳の持ち主だった。普段は身に着けているベストが抑え付けているせいか平均程度に見えていたが、それを外すと平均を大きく上回っていた事が判明した。

その後の猛暑日でも、深い谷間の絶景や、汗でワイシャツが透けてブラジャーが浮き出る艶欲な姿を見続けた。俺は彼女の事が頭から離れなくなった。あのちょっといいかな。この資料について聞きたいんだけどええ、いいです。以前から接する機会が多く、彼女も些細な事でも積極的に話し掛けて来て、面倒見の良い性格の俺は彼女の質問に事細かに答えてあげた。