デリヘルのバイトをしている

巨乳はもちろん、くびれた腰回りと丸いおしり、屈ませないと立ちバックができないくらい足も長い。まあ、俺の足が短いという話もあるが。肌もきれいで、身体にさわるだけで濡れてくるくらい感度もいい。男がいないのが不思議なくらい。出会いは新人研修その日は三時間だけのスポットの講師として参加していた。

テーマは普段の実務に近いし、台本を読んで、質疑に答えるぐらい簡単なものだ。新人はさすがに若いなぁと部屋を見渡していると、知った顔が座っていて顔には出せないけど驚いた。何度かチラチラと見直したけど池袋の風俗デリヘルで通ったまきちゃんに間違いない。この業界くるとは言ってたけど、うちだったんだ。何度か目があったので、向こうも気づいた様子。

 
デリヘルもあります
私は出来るだけ彼女に優しく接して、そんな私の努力かどんどん実って来て、そして頃合いを見て私は彼女をデートに誘ったのです。最初彼女は姉さんに悪いからと、私の誘いを断り続けました。しかしそれでも私はしつこく彼女を誘っていたところ、根負けしたのか誘いに乗ってくれたのです。彼女と会っている事が妻にばれたら大変なので、私たちは遠く離れた場所で待ち合わせをしました。初めは私とのデートを楽しんでくれなかったのですが、会を重ねるうちに吹っ切れたのか、次第に楽しんでくれるようになりました。

風俗店は朝から夜中までやっている
風俗店は朝から夜中までやっている

そんなデートを何度となく繰り返し、私たちは愛を深めていったのです。そしてついに私たちは、禁断の道へと踏み入る事にしたのです。デートの最中に私は彼女をホテルへと誘い、体の関係を持ってしまいました。私は多少の罪悪感がありましたが、それよりも彼女の方が強い罪悪感を持ったようでした。彼女と体の関係を持ってからは、ます。