心筋梗塞になりやすい体質に変えてしまっていないかどうか。

病気に結びつきやすいものです。

筋肉疲労を起こして疲労物質がたまれば、そこに必要な血流が送り込めず血流障害を起こします。そこで患部の血流を回復して疲労物質を取り除こうという反応が起こります。痛みが起こるのは、すこしずつ、血流が回復しているからであって、痛みは血流不足を補おうとする自然の反応なのです。ですから、痛みも単純に悪者扱いはできません手軽に使う湿布薬にも消炎鎮痛剤が使われています。痛みがひどいときませんが、長く使いつづけるとやはり血流が悪くなり、かえって病気が治りにくいのです。整形外科では、腰や膝が痛いという患者さんにはすぐに消炎鎮痛剤の飲み薬や湿布薬を出していますが、それがかえって治癒を遅らせています。
11日程度であれば問題はありもちろん風邪で熱が出たときも、お話ししたとおりです。よほど高熱が続くといったとき以外は、解熱剤は使わないほうがいいのは抗生物質については、最近は以前ほど安易に使われなくなっています。それでも手術後には感染を防ぐために、予防的に使われます。しかし、たいていの場合は、手術後でもほとんど必要性はないといえます。安易に使うと、抗生物質は腸管の細菌まで殺してしまうので、腸管が細菌不足になって体調を崩してしまいます。私はどのような薬でも使わないに越したことはないと考えています。
細胞によって毎日少しずつつくられてもいるそして

それでも、痛みがひどくてつらい、熱が高くてつらいといったときには、そのつらさを緩和するために、わずかな期間だけ使うのは仕方ないでしょう。しかし、痛みはからだの治癒反応なのですから、薬を使わずに我慢できるようなら、そのほうがむしろ回復は速いのです。薬に対する意識を改めるどうも日本人が薬を信頼するのは、これまでの歴史で、薬はからだにやさしいものだと刷り込まれたからかもしれません。生薬という言葉があるように、日本人にとって薬はからだによいものだったのでしょう。
しようやくたしかに、日本人が取り入れてきた漢方薬は、直接的に症状を取り除くのではなく、もの、嫌なものを摂取して、それで排泄作用を誘発して病気を治すものが主でした薬というかたちで苦いしかし、明治以降に優勢となった酉洋医学の薬は、激烈な作用をもちます。

  • 検査が不得意
  • 免疫システムの主役は血液中のリンパ球である
  • 生活習慣を改めたいと願って

老化を担っている可能性を示しています。

急性症状には対応できますが飲みつづけると、とてもからだに負担となるものだったのです。つまり製なのです。ところが日本人はまでも生薬の感覚で薬を飲みつづけています。日本人は温帯モンスーンに覆われた四季のある風土に恵まれて、穏やかに生きることが身に染みついているのです。人間関係も激しいものではなく、やさしさを求めます。食べ物も、もともとは刺激の強いものを好みません。ですから薬にしても、漢方薬のなかでも激しい作用をともなうものは取り入れずに、からだにやさしい生薬だけを用いてきたのです。
症状が出ることもあります
医師は少なく
鍼にしても、中国では太いものを使いますが、日本で取り入れると細いものになりました。灸でも、量を減らしたり間隔を空けたりして、穏やかなかたちに変えています。そういう伝統のなかに酉洋医学の薬が導入されたためか、それまでの生薬の感覚が抜けません。症状に劇的な効果がある薬は、それだけ毒性も強いのですから、それを飲みつづけていれば健康な若者でもからだを壊します。ましてや高齢者が飲むのですからなおさらです。
「薬はからだにいいものだ」という意識を変えなくてはいけないのです。薬は毒。意識を改めてほしいものでいまのがん治療はかえって死を招くいま私たちにとってもっとも怖い病気は、がんといっていいでしょう。しかし、がんになってしまったからといって、極度に恐れる必要はありません。早期がんであれば、免疫力を高めれば二可能なのです。薬や食品添加物の入らない食事を続けている

うつ病とは限りません

ところが、がんを恐れるあまり、手術、放射線治療、抗がん剤という1連の流れの濃厚な治療を受けることで、かえって死にいたる可能性を増してしまう人が多いのです。がん難民と呼ばれる人たちがふぇています。これは医師の治療説明に不満足、または納得できる治療方針を選択できなかった患者のことで、がん患者の五三パーセントが、がん難民とされています(日本医療政策機構の二00五年一六月の調査による)。
二カ月で治すことさえがん難民が受診した医療機関の平均は111.011カ所で、それ以外の患者は一·九五です。もっとも多い人で一九カ所もの医療機関を受診しています。保険診療費は、がん難民が平均一四一万円に対して、それ以外の患者さんは九六万円です。がん難民の人たちは、信頼できる医療機関を求めて渡り歩くために、時間もお金も莫大にかけているのです。
薬や精神安定剤を飲む薬や食品添加物の入らない食事を続けている

薬や食品添加物の入らない食事を続けている

日本のがん患者数は約一二八万人(二00二年の厚生労働省の調査による)ですから、民と推定されます。いかに現状の医療に不満をもっている人が多いかがわかります。約六八万人ががん難当然、世間的にがん治療で有名な病院で診てもらいたいと思うでしょう。国立がんセンターなどは、がんの権威だと思われているので、順番を待ってでも診てもらおうと患者さんが殺到します。入院や手術となるとさらに何カ月も待たされることになります。しかし、国立がんセンターなどでは、最新の西洋医学の立場から、手術、放射線、抗がん剤という三本柱の治療が基本で、いまでは、たとえば免疫療法などいろいろな治療法が考えられるにもかかわらず、そうした治療法はいっさい行なわれていません。
抗がん剤が投与される人たちは、たいていは、すでにそれ以前に手術、放射線と現在の医学が可能な濃厚治療が施されており、その結果、白血球は破壊されてどんどん少なくなっているのです。そのうえに抗がん剤を投与されるのですから、白血球はいっそう少なくなります。
抗がん剤を使うことで白血球を下げると、その少ない白血球で病気と戦うために、からだは発熱して補おうとします。熱を出せば、少ない白血球でも機能を発揮できるからです。ですから抗がん剤を使うと、発熱、痛みがともないます。すでにお話ししたように、大ケガをしたり風邪をひいたときにも起こるからだの反応です。