病気にもなる

病気にかかる人の数は年々増えつづけ

食道がんの通過障害や脳腫瘍の麻痺を取り除くために、わずかな抗がん剤が悪いのは、すでにお話ししたとおりですが、たとえば、急性リンパ性白血病(白血病細胞がリンパ球に由来するもの)のように、そのがん自体が抗がん剤に感受性が強く、それによって治癒にもっていけることがはっきりしているケースであれば、効果も高いと考えられるので、体力の許す範囲で使ってもかまいままた、放射線と同じように、抗がん剤も通過障害を取り除くためだけに使うのなら、せん。たとえば食道がんで、腫瘍の圧迫によってものが食べられないようなときには、がんが縮小して圧迫が和らぎ、食べ物が通過できるようになる効果があります。それほど悪くはありま抗がん剤を使うことでいずれにしろ問題は、いまの医療では放射線や抗がん剤でがんを徹底的に叩こうとするので、がん細胞よりもむしろ正常な細胞に悪影響をおよぼし、からだを弱らせ、免疫力を急速に低下させてしまうことなのです。早期がんの人はもちろん、進行がんの人でも、まだふつうに暮らせる人であれば、進行具合によって要する時間は違ってきますが、免疫力を高めることでがんは必ず治ります。そのためには日々、免疫力を高める生活を根気よく続ける必要があります。
細胞です。

免疫力を高めるためには、自分で食べられる「歩くことができる散歩できる入浴できるが基本です。また、気持ちのあり方次第で免疫力は大きく変わります。がんは必ず治る、自分がやっていることは必ず効果が出ると信じて、前向きな気持ちで頑張れば、がんは克服できるのです。
健康診断は受けない手術はからだに負担をかけます。どんな手術でもできればしないほうがいいといえます。
るほど、細胞組織が破壊され、それが大きなストレスになり、免疫力はがくんと落ちます。たいていの人は、大手術になればなまた、薬もすべてやめたほうがいいのです。
しかし、そういわれても、なかなかそこまでの決心はつかないでしょう。

  • 医学と化学のブレークスルーでした。
  • 薬の副作用で顔がアトピーのよう
  • 健康に長生きできることもあります

ストレスをため込ん

ですから、よほど調子が悪くないかぎり、病院にはできるだけ行かないほうがいいのです。もし病気が見つかったとしても、結局、やらなくてはいけないことは生活を変えることなのですから。仕事を減らす、夜ふかしをやめる、食事に注意する、風呂に入ってよくからだを温める、気持ちを切り替えてストレスをためないようにする……まず心がけるべきは、これらなのです。日ごろから、からだにいい生活を送ることが大切なわけです。健康診断を受けて、初期のがんが見つかったら、かえって心理的なプレッシャーを受けるだけです。そんなプレッシャーなどなくても、日ごろからからだの声を聞いて免疫力を高める生活を送っていれば、初期のがんができたとしても知らないうちに治ってしまいます。ベストセラーになった『病気にならない生き方』サンマーク出版の新谷弘実先生、『体を温めると病気は必ず治る』三笠書房の石原結實先生と私の三人の共通点は、健康診断を受けないということです。私が健康診断をしなくなったのは、じつはこの十年です。それ以前、免疫学の理論にたどりつく前には、毎年のように健康診断を受けていました。当時は、血圧は高いし血糖値も高く、検査結果は「お医者さんにご相談ください」という要注意でした。
心筋梗塞になりやすい体質に変えてしまっていないかどうか。
神経優位がアウェイ副交感
実際、独自の免疫理論にたどりつくまでは、すでにお話ししたように、かなり無理して働きすぎていたのです。
しかし、この理論を発表するようになってからは無理をやめて、ついでに健康診断もがん検診もやめました。
がんが見つかったらという恐怖はだれにでもあるでしょう。待っているのは、手術、放射線、抗がん剤という怖い治療です。「手術しなければ手遅れになりますよ」といわれれば、「やはり手術したほうがいいのかな」
と思うのも無理はありません。いざ病気を抱えて、医者にいろいろと忠告されれば、気持ちが弱ります。恐怖ばかりが先行して、どうしても医者まかせになりがちでしょう。そうなると、人間としての尊厳を維持するのはほとんど不可能になってしまいます。
検診で膵臓がんが見つかった三十代後半の人がいました。
んで入院して手術を受けました。
生活習慣病予備軍だとか。

心筋梗塞や脳血管障害が起きます。

です。
すぐに手術をしたほうがいいといわれ、仕事を休しかし膵臓は奥深くにあり、大手術の末、結局、病巣を取り切れなかったのさらにリンパ節転移があり、散っている可能性があるということで放射線治療を受けました。
その結果、ところが1カ月でリンパ節の腫れが見つかり、今度は抗がん剤投与が行なわれました。
見されてから、たった五カ月で亡くなってしまったのです。
がんが発もし、その人が検診などしていなかったらどうだったでしょうか。
たった五カ月で死ぬようなことは、あえなかったと思います。
大手術、放射線、抗がん剤という濃厚な三大治療が寿命を縮めることになったのです。膵臓がんや食道がんなどは手術そのものがたいへんですから、それだけで大きなストレスになり、手術が終わると、すっかり別人のようにやつれてしまいます。しかも、そこでがん細胞が取り切れないとか、転移がぁるとなると、さらに放射線や抗がん剤で叩くので、この例のように生きる力自体が失われることになってしまうのです。

医療関係者が勃起不全に対する効果に気がつき生活習慣病予備軍だとか。

生活習慣病予備軍だとか。

たとえ末期がんであっても、生きる力が十分にあれば回復することも可能なのです。少なくとも、この人のような若いケースでは、がんとは知らないほうがかえって長く生きられたでしょう。がんを告知されれば、恐怖に怯えて、やはり先生のいうとおり治療をしなければと思うのがふつうです。
私でさえも、検診を受けて、早期であってもがんが見つかれば、やはり怯えてしまいます。それよりも、からだにいいことを毎日やっているから健康なはずだと思って生活していたほうが、ストレスがなくていいのです。高齢者の方も、いいのです。あまり医者をアテにせずに、自分のからだは自分で守るという意識をもって生活したほうが病気になるとマクロファージの割合がふえるこの章の最後で、私の最近の研究成果である、病気と白血球のマクロファージの関係についてふれておきましょう病気になったときには、ムによってです。