薬品業界ではインポテンスという言葉は使わず

病気に対する対応が早い人が多く

薬を飲んでいると調子が悪くなることがあります
医者からはずっと飲みつづけなければいけないといわれます。

そもそも正常な細胞が増殖に使うための遺伝子であるプロトがん遺伝子が障害されて調節できなくなったものが、がん遺伝子です。ですから、がんの元になるプロトがん遺伝子は、だれもがもっています。実際、私たちの体内では毎日111000-五000個ものがん細胞が発生しています。だからといって、それですぐにがんになるわけではありません。ほとんどの場合、それらの細胞は微細な段階で、NK細胞や胸腺外分化細胞などのリンパ球によって排除されているからです。これらのリンパ球は体内をたえず循環していて、がん化した細胞を発見すると、ただちに攻撃して排除しているのです。
しかし、この免疫システムがうまくはたらかないと、がん細胞は見逃されて徐々に大きくなります。
一個のがん細胞が直径1センチの大きさにもなるには何年もかかります。

ケアでも中心となるプログラムのひとつです。

医学的に見れば

ふつうなぜ、そのようなことが起こるかといえば、自律神経のバランスを失って生体のホメオスタシスがうまく保たれていないためです。たいていは強いストレスを受けることによって、交感神経の緊張が続いているケースです。すると、顆粒球がふえて活性酸素がからだじゅうに多く発生します。それによって、からだの細胞が傷つけられてしまうのです。
また、白血球が顆粒球過多でリンパ球が減少していると、遺伝子を障害して発がんの原因をつくる活性酸素がふえ、がん細胞がどんどん発生しているにもかかわらず、NK細胞や胸腺外分化細胞の数が減少してはたらきが鈍くなるので、それらを処理しきれなくなってしまうわけです。
さらにがん細胞が成長すると免疫力が低下して、顆粒球も含めた白血球全体が少なくなっていきます。健康な人であれば約六000個前後あるのが、がん患者さんの場合、四000個を切ってしまうこともめずらしくありません。がんがどんどん進行すると、さらに低下していきます。しかも、健康な人であれば白血球中の三五パーセント程度、11100個のリンパ球であったのが、白血球中の割合も低くなり、三0パーセント以下の一1100個以下になってしまいます。それではいよいよリンパ球はがん細胞と戦う力を失い、がんはさらに勢いを増すことになります。末期がんの患者さんのリンパ球は1000個を割ってしまいます。

ストレスを感じない人

しかし、そんな末期がんの患者さんでも、がんから生還した方がたくさんいます。なかには、抗がん剤や放射線治療など免疫力を極端に落とす従来の医療を受けてきた人たちもいます。白血球のはたらきが落ちていたことを考えると、それらのケースは、NK細胞だけでは説明がつきませんそこで、さらに古い免疫システムであるマクロファージが関与しているのではないかと、私は考えています。
ですから、このマクロファージこそが究極の免疫力であり、生きる力そのものなのではないかと思われるのです。
症状がぶり返す

病気になってしまって

それが私の免疫研究のもっとも最近の知見です。

病は気からには医学的根拠がある

Ⅱ心とからだをつなぐ免疫力自律神経は細胞のコンダクター前章で、私たちの免疫力とはどういうものか、ある程度おわかりいただけたと思います。すでに前のページで、働きすぎやそれにともなうストレス、あるいは人間関係の悩みなどのストレスが、私たちのからだを直撃して病気を引き起こすことをお話ししました。そこで自律神経についてもふれましたが、この章では、前のページを踏まえて、免疫力と自律神経にいかに深いかかわりがあるかについて説明していくことにしましょういま、世の中で安保免疫学などといわれていますが、私の免疫理論の根幹を成しているのが、この自律神経と免疫システムの白血球の関係なのです。

検査は最初だけでなく
薬を飲めば飲むほど体はダメージを負っていきます。

薬物療法が行われます。

症状のないSTDもたくさんあります。そこから、心とからだをつなぐ免疫理論が成立してきたのです。私たちのからだは全身に神経系統のネットワークが張りめぐらされていますが、この神経系統は、手足など意識的に筋肉を動かせる随意神経系と、胃腸などの内臓や血管のように意識して神経を動かすことができない不随意神経系自律神経系に分かれています。後者の自律神経系は、通常私たちのからだのはたらきを自律的にコントロールしてホメオスタシスを保ち、健康を維持する役割を担っているわけです。
きっこうさらに、自律神経には交感神経と副交感神経という拮抗したはたらきをする二つの神経があります。
交感神経はエネルギーを消費する状態のときにはたらく神経で、興奮を支配器官に伝達し、生体を活動的にします。運動すると心臓のはたらきが活発になり、呼吸も速くなりますが、このとき、交感神経の神経末端からはアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されて、支配器官の細胞に作用しているのです。
逆に副交感神経は、休んだり眠るときにはたらく神経です。副交感神経はアセチルコリンを分泌して支配器官に作用します。心臓や呼吸を穏やかにし、胃腸などの消化器官に対しては消化液の分泌を促して蠕動運動を活発にするなどの促進作用があり、血管を拡張させて温熱発汗を促します。

医師に相談に行こうと決めました。

免疫のしくみが攻撃する結果

ぜんどうすでにお話ししたように、ストレスを感じたときに食べたり飲んだりするというのは、からだが自然にリラックスを求め、副交感神経を刺激しようとするからです。そのために、ものを食べたり飲んだりして消化管を動かすのです。ですからストレスを受けると、私たちは無意識のうちに食べ物に手を出すことになるのです。大きく分けると、交感神経は興奮や活動性を高め、副交感神経はリラックスさせる方向にはたらくということです。昼間活動しているときには交感神経が優位にはたらいており、夜休息しているとき、寝ているときには副交感神経が優位にはたらいています。もちろん夜でも活発に活動したり興奮したりしているときには交感神経がはたらいていますし、昼間でもゆったりしているときには副交感神経が優位になります。一日のなかで、そうした波があるわけです。そして、ストレスを抱えているときには、心身ともに緊張しているので交感神経が興奮状態になっており、ストレスがなければ副交感神経が支配します。
こうした拮抗したはたらきを備えた自律神経が生まれたのは、す。多細胞生物になったことによると考えられま単細胞生物の時代には細胞が一つですから、それが単独ではたらいていればいいだけです。