老化は形態にも現わ

ケアでも中心となるプログラムのひとつです。

病気についてこれぐらいの知識は持っていてほしいという視点
このホルモンが副腎皮質に刺激を与えて、さらにコルチゾールというホル私たちがストレスを感じると、のうかすいたいししょうかぶモンが分泌されます。コルチゾールは、もともとはブドウ糖を新たにつくり出すきっかけになるホルモンですが、圧を高め、動脈硬化を促進させるなどのマイナス要素を招きます。
量が多いと、血しかもコルチゾールは、すでに説明したリンパ球の一つであるNK細胞のはたらきを無効にしてしまいます。

というのは、NK細胞にはコルチゾールの受容体があって、コルチゾールを受け止めることでNK細胞が死んでしまうからです。
そのためにストレスが強いと病気になりやすく、がん細胞に対する抵抗力も弱くなってしまうのです。
にストレスがからだを直撃するか、ここからもおわかりになると思います。いかこの視床下部→脳下垂体→副腎皮質という流れが、ストレス回路といわれるものです。
またもう一つ、視床下部→脳下垂体→副腎髄質という流れから、アドレナリンやノルアドレナリンが分泌されます。ストレスを受けると血圧が上がり、汗が出て、動悸がするのは、これらのホルモンのはたらきによるものです。それによって、ストレスと戦ったり逃げようとしたりするのです。これは一時的に大きなストレスに対処するときです。

病気の人

どういずれにしても、交感神経の緊張によってコルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリンなどのいわゆるストレスホルモンが分泌されるわけです。ですから、強いストレスを長く抱えることになると、病気を引き起こしやすくなります。感情を抑えている人は病気になりやすいそして、心の動き、感情はホルモ病気になりやすいかどうかには、ンとかかわっています。
私たちの心の動きが大きく影響します。
ホルモンには、上位、下位という分類の仕方があります。視床下部、脳下垂体など脳から分泌されるのが上位ホルモンで、この上位ホルモンが血流を通って脳以外の甲状腺、副甲状腺、副腎、膵臓、生殖腺など、からだのそれぞれの器官に達することで、それらの器官が刺激されて出てくるのが下位ホルモンです。

精神活動の影響視床下部と脳下垂体は、を受けやすいのです。ストレスと関係があることからわかるように情動と密接な部分で、人類の進化の過程を見ると、狩猟時代の人は多くの外敵にさらされていました。当然、危険な野獣と遭遇することもあります。そのとき、生命の危険にさらされ、恐れや怒りという激しい感情が起こります。それによってホルモンが分泌され、心身が興奮状態になって、反撃したり逃げ出したりという行動に移るわけです。ですから、瞬時にして活動レベルをピークに高める必要があったのです。
ホルモンは理性ではコントロールできず、感情に支配されているのです。つまり喜怒哀楽が、ホルモンを分泌する脳の視床下部や脳下垂体に直接に影響を与え、ホルモンの分泌を促すのです。悲しみや不安、怒りなどの感情がホルモンを左右します。
とくに悪いのは怒りの感情です。怒りっぽい人は、つねに交感神経のはたらきで緊張状態にあり、ホルモンの分泌が多くなります。そのため高血圧、高血糖になり、消化管のはたらきも悪くなり、メージを受けることになります。当然、健康を損ねることになります。
興奮系の心臓もダ逆に、いつも感情を抑えている人も危険です。感情を抑圧した状態では、やはり交感神経が緊張しているのです。

 

細胞がん

怒りっぽい人と同じように興奮系のホルモンの分泌が多くなり、それによって同様な病気になりやすくなります。職場で上司と部下のあいだに挟まれて、自分を抑圧することの多い中間管理職の男性、亭主関白の夫のもとで長年我慢してきた女性などは、健康を損ないやすいのです。興奮や抑圧が強いと、筋緊張が起きて肩こりが生じます。
からパーキンソン病を発症する危険性も高いのです。
長年肩こりに悩まされていると、六十歳を過ぎてですから、いつも怒ったり不安になったりする生活態度や、逆に自分の感情を抑えすぎている生活は危険で気持ちをゆったりとおおらかに保つことが健康のためにもいいのです。熟睡がからだによい理由ホルモンの正体は、おもにたんぱく質です。分子量が大きいことが特徴で、分泌量はごく微量でも血液中に放出されると長持ちするために、体内の隅々に行き渡り、さまざまな臓器や器官に影響をおよぼします。
私たちの心身の反応は、瞬時に神経を伝わって起こるものと、血液中を流れる生理活性物質(人のからだが自然につくり出している天然の物質)によって起こるものの二種類があります。ホルモンは後者の生理活性物質の代表的なものです。
このホルモンが、自律神経と密接に関係しているのです。ストレスを受けると交感神経が刺激されて心身が緊張状態に入ります。すると、脳やからだのさまざまな臓器からホルモンが血中に放出されて変化をもたらします。逆に、リラックスしたときには副交感神経が刺激されて、同様にリラックス系のホルモンが血中に分泌されます。
ドキドキしたりカッとなったりというように、不安や怒りなどで興奮したときには交感神経がはたらきます。

薬は捨てず
が、そのときに放出されるものには、副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイド(コルチゾール、コルチコステロイド、コルチゾンなど)や、副腎髄質から出るアドレナリン、甲状腺ホルモンなどがあり、リラックスしたときにはたらく副交感神経支配のホルモンには、成長ホルモン、性ホルモン男性ホルモン、女性ホルモン、インスリンなどがあります。
このようにホルモンにも交感神経に支配される興奮系のホルモンと、副交感神経に支配されるリラックス系のホルモンがあるわけですが、前者のほうが種類は多く、後者は種類が少ないのです。
すでに説明したように、ストレスなど興奮したときに最初に出るのが副腎皮質ホルモンです。副腎皮質ホルモンのステロイド糖質コルチコイドコルチゾールは、肝臓でたんぱく質の糖化を促進して、血液中に糖を放出するので血糖値を上昇させます。
さらに、喉仏の下にある甲状腺からは甲状腺ホルモンチロキシンが分泌されます。
陳代謝を活発にする機能があるため、脈が速くなり、やはり血圧や血糖値がしがります。
甲状腺ホルモンは新甲状腺ホルモンの異常放出になる病気に、バセドウ氏病甲状腺機能亢進症かき、たくさん食べるのにやせる、手の指が震える、疲れやすいなどの症状や、突出などの症状が出てくるものです。
があります。動悸や頻拍、汗目が飛び出たようになる眼球交感神経が優位になると、血流が悪くなり顔色が青ざめ、唾液が出にくくなって消化吸収が悪くなり、腸の蠕動運動が抑制されて便秘になったりします。ストレス状態が続くと便秘になったり食欲がなくなるのはうしたホルモンの作用のためです。
興奮状態が続くと、夜眠れなくなったり、疲労が蓄積されて心臓に大きな負担がかかることにもなります。糖尿病や高血圧になるリスクも高くなります。その状態が長く続けば、狭心症、不整脈、さらに心筋梗塞、脳卒中などという重病につながることもあります。
興奮系のホルモンが分泌されつづけると、このような問題が生じます。

 

医学が進歩しているにもかかわらず

白血球の顆粒球が交感神経に支配され、リンパ球が副交感神経に支配されていることは何度もお話ししましたが、自律神経とホルモン、そして免疫系の白血球は日内リズムと連動しています。夜ぐっすり眠れると風邪が治るのは、リンパ球が活発にはたらいてくれるからです。逆に日中のストレスが強すぎると、交感神経刺激によって顆粒球が過剰反応を起こし、傷口があれば化膿がひどくなったり、歯周病や痔があれば悪化したりします。
じ昼間はバリバリと仕事ができるように、夜はリラックスして気分が落ち着き、だのリズムを整えているのが、自律神経なのです。
昼間の疲れをとるようにから泣いて悲しみを吹き飛ばせる人は病気にならないふだんの生活が安定していれば、喜怒哀楽の感情がそれほど激しく動くことはありませんが、じれたり、悲しいことがあったりすれば、感情のリズムが揺さぶられます。

人間関係でこ日常的には、どうしても怒り、不安などの感情に襲われ、交感神経が緊張して甲状腺ホルモンや副腎皮質ホルモンが出るケースが多いのです。なかには副交感神経に偏る場合もあります。それは無気力、自信喪失、絶望に陥ったときです。
不安を感じているときは、基本的には交感神経が緊張している状態です。ところが、不安が進んで悲しみにいたると、泣いて涙を流します。これは、泣くことによって副交感反射をして和らげているのです。

薬といわれています。

薬品業界ではインポテンスという言葉は使わず健康であれば、これらのホルモンがある程度までは心身の活力を高める効果が期待できますが、多く出すぎると免疫力がどんどん弱まります。反対にリラックスした状態にあると、副交感神経がはたらき、血流が促進されて消化活動が活発になります。リラックスしたときに出るホルモンの代表は成長ホルモンです。成長ホルモンは夜寝ているときに分泌され夜中の11時ごろ分泌量がピークに達します。成長ホルモンは子どもの成長を促進するだけでなく、大人の細胞を活性化させる役目も果たします。
熟睡できたときには、肌にハリと艶が出て全身がみずみずしくなりますが、これは成長ホルモンのはたらきによるものです。逆に夜ふかししたり睡眠不足だと、肌がかさかさになりますが、これは成長ホルモンが充分に分泌されていないことによるものです。
つまり、細胞のみずみずしさを保つのは成長ホルモンです。
これは、からだを温めることによって分泌が盛んになるので、風呂に入ってゆっくりと温まってから寝ると成長ホルモンもよく分泌されます。ホルモンの分泌と一日のリズム私たちは、日中は活動し夜は休みます。自律神経のリズムも日中は交感神経優位の状態が続き、夜は副交感神経優位な状態です。ホルモンの分泌もそのリズムにともなっています。
ですから、日中は交感神経に支配されているホルモンが盛んに分泌され、夕方から夜にかけては副交感神経に支配されているホルモンが分泌されホルモンのはたらきと1日のリズム甲状腺ホルモンアドレナリンコルチゾールグルカゴン物質代謝の促進心臓拍動促進、血圧上昇血糖値上昇血糖値上昇成長ホルモンインスリン男性ホルモン女性ホルモン成長促進、細胞の活性化血糖値の抑制男らしさ、筋肉の発達女らしさることになります。朝の目覚めが悪い、あるいは夜の寝つきが悪いというような場合は、ホルモンのバランスが悪くなっているのです。興奮系の副腎皮質ホルモンは早朝四時ごろに分泌量がピークに達し、日の出とともに活動を始められるように、からだの活力を高めていきます。一方、リラックス系の男性ホルモン、女性ホルモンの性ホルモンは夜間に分泌されます。
顆粒球増加リンパ球増加1代拍値と質臓糖糖長糖らら成血男女物心血血モモレレゾゴモ腺レチカホスホホ長ン性性成イ男女状ドルレレ甲アコグリラックス系のホルモン副交感神経支配食後、夜間興奮系のホルモン交感神経支配日中ですから女性の場合、夜遅くまで仕事をしなければならないような状態が続いて安眠できないと、女性らしさが失われて肌艶が悪くなるだけでなく、精神状態もギスギスしてきますし、ひどいときには生理が止まることもあります。


薬品業界ではインポテンスという言葉は使わず 腰痛の大半を占めます。 予防を考え