腰痛の大半を占めます。

医師の助言もありました。

検査を行うのがふつうです。
薬が臨床の場に出てくる

しかし、進化の過程で機能が複雑になり分担されるようになると、ある行動のときにはこれこれの細胞群がはたらき、別の行動のときには別の細胞群がはたらくというように、担当を決めなければならなくなりました。それを瞬時のうちに無意識で行なっているのが自律神経なのです。
私たちのからだを構成する六〇兆の細胞すべてが自律神経の支配を受けているのです。
交感神経と副交感神経のどちらから発達してきたかと考えると、生存にまず必要なのは、ものを食べ、消化·吸収することですから、その機能を支配している副交感神経から進化したと考えられます。生物が海から上陸して重力に逆らって活発に活動するようになると、そのために運動量を大幅にふやさなければ生きていけなくなりました。生存競争も激しくなります。そこで必要に迫られて発達したのが交感神経です。心とからだと自律神経の密接なつながり私たちが日常を健康に送ることができているのは、この自律神経が必要に応じてはたらいているからです。

逆に、自律神経のはたらきがうまくいかなくなると、体調が崩れます。たとえば、集中して仕事をしなければいけないときに血管が開いてのぼせてしまっては、仕事ははかどりません。逆にゆっくり休みたいときに、血管が縮まって血流が悪くなり手足が冷えてしまっては、くつろぐことができなくなります。このような自律神経の不調が生じるのは、おもに悩み、心配などのストレスのためです。心配事があって食欲が落ち、よく眠れなくなることはだれにでも経験があるでしょう。それは心の状態が自律神経を左右し、からだに大きな影響を与えるからです。逆に、ケガをしたり病気になれば気分も落ち込んでしまいますからだの状態も心に大きな影響を与えます。
このように、心とからだをつなぐのが自律神経なのです。
免疫システムを担っている白血球との関係です。
そして、そのカギを握っているのが、自律神経と体内のさまざまな細胞が自律神経の支配を受けていることは、かで白血球の存在だけが抜け落ちていたのです。
これまでにもわかっていたのですが、そのなたとえば消化器官や心臓などのように固定している細胞は、神経末端でつながっているので自律神経支配だとすぐにわかったのですが、血液のように体内を流れる細胞は、そのような支配から自由になっているのではないかと思われていました。

医師の助言もありました。

治療法が開発できるとは限らない

しかし、白血球もその例外ではなかったのです。一九九六年に、うメカニズムを、私は同僚の福田稔先生とともに突き止めました。
白血球が自律神経の支配を受けているといある日、福田先生が私を訪ねてきて、晴れた日つまり気圧が高い日ほど虫垂炎の患者さんがふえている。気圧と何か関係があるのではないかと共同研究をもちかけてきたことがきっかけでした。私はそれ以前に、白血球の日内リズムを研究していたことから、晴れた日と天気の悪い日では、自律神経の影響で白血球の分布も変われば、病気の内容も変わるのではないかとピンときたのです。つまり、すぐに顆粒球のことを浮かべたのです。というのは、腹痛を訴える患者さんの血液を調べて白血球中の顆粒球がふえていたら、虫垂炎を疑うのが常識だったからです。
顆粒球はすでに説明したように、体内に侵入した細菌を食べて分解し、その戦いで死んで結果的に膿となります。顆粒球は細菌処理をするのに活性酸素を使いますが、死ぬときには大量の活性酸素を放出します。この活性酸素が組織や細胞を破壊します。それが虫垂炎を引き起こす可能性もあると考えられてましたそこで実際に、白血球と気圧の関係を調べてみました。そこでわかってきたのは、気圧が高いときには顆粒球が多くリンパ球が少なくなり、気圧が低いときにはその逆になるということです。つまり、高気圧で天気がいい日は顆粒球の割合が高く、低気圧で天気が悪いときにはリンパ球が高くなるのです。さらに脈拍を調べてみると、高気圧のときには脈拍が速く、低気圧のときには遅くなることがわかりました。
高気圧とは空気の量が多くなることであり、空気の量が多くなれば当然、酸素も多くなります。そこで高気圧のときには、人が体内に取り入れる酸素の量も多くなります。そのため晴れた日には、人は活動的になり交感神経優位になって脈拍や呼吸数もふえます。さらに白血球の顆粒球の数がふえることになり、過剰な活性酸素によって組織が障害を受けやすくなるわけです。

病気を引き起こしかねない

それが、晴れた日に虫垂炎が多くなるという因果関係で白血球が自律神経と連動してはたらくもう一つの根拠は、顆粒球がアドレナリン受容体をもっていて、リンパ球がアセチルコリン受容体をもっているということです。私たちの研究以前にも、顆粒球がアドレナリン受容体をもっている、リンパ球がアセチルコリン受容体をもっていることを主張する論文は、個別にいくつか出ていました。私たちは、そのことをセットにして証明し再確認したのです。
先ほどお話ししたように、交感神経はアドレナリンやノルアドレナリンを分泌して器官を動かすのですからその対象にはアドレナリン受容体が、副交感神経の対象器官にはアセチルコリン受容体があるわけです。です。から、アドレナリン受容体をもっている顆粒球は交感神経支配にあり、アセチルコリン受容体をもっているンパ球は副交感神経支配にあることが明確になったわけです。

私が東北大学の学生だったころに指導を受けた斎藤章先生が、生物学二進法
に基本概念を発表されていたことも、私たちの研究を勇気づけてくれましたという論文のなかで、すでこうして高気圧と虫垂炎の関係を端緒にして、自律神経と白血球の関係が明らかになり、自律神経のはたらきを変化させ、その自律神経の乱れがさまざまな病気をもたらすという、心とからだの密接な関係が証明されてきたのです。さらにストレスが自律神経を介した年をとると病気になりやすいメカニズムいかがでしょうか。ここまでのお話で、交感神経が優位になると顆粒球がふえて、副交感神経が優位になるとリンパ球がふえるメカニズムについては、ご理解いただけたと思います。ですから、自律神経のバランスの乱れが免疫力の低下を招き、それが病気の原因になるといえます。すでにお話ししてきたように、ハードな仕事が続いたり、強いストレスを受けると交感神経が過剰にはたらきつづけることになります。体内ではアドレナリンが分泌され、それにともなって心拍数が多くな盛んに活動して血管は収縮している状態です。その状態があまりにも長く続くと、動脈硬化が進行し、慢性的な高血圧になります。
しかもアドレナリンは、白血球のなかでもアドレナ、リン受容体をもっている顆粒球のはたらきを盛んにするので、顆粒球がふえてリンパ球が減少することになります。顆粒球がふえすぎると、細菌だけでなく体内の有益な常在菌まで攻撃しはじめ、化膿性の炎症を引き起こします。
ガンに侵された部分を切除

薬として認められていない

そのときに活性酸素を撒き散らすわけです。その結果、組織の破壊が起こってしまいます。破壊が起こるのは、弱っている組織からです。病気になるのはその人のもっとも弱い部分からということになるのです。
それに対して、副交感神経が優位になりすぎてリンパ球が過剰になると、アレルギー疾患が起こりやすくなります。抗原に敏感に反応しやすくなことに問題になっているのは、がんを含めて交感神経の緊張状態が続くことによって起こる病気です。というのも現代の私たちをとりまく生活は、緊張状態が長くてストレスが強く、交感神経が優位になりすぎているからです。すべての病気の七八割が交感神経優位の状態が続くことによって引き起こされるといえるほどです。ここでつけくわえておくと、年をとるとともに交感神経が強くなる傾向があります。思春期までは顆粒球とリンパ球の割合がほぼ同じですが、成人に達してからは年とともに顆粒球の割合がふえつづけていきます。老化によって病気にかかりやすくなるのも、それが大きな原因の一つであるといえるのです。活性酸素を吸着するサプリメントの害最近、活性酸素が非常に悪いものだとされていることはご存じのことと思います。活性酸素は酸素が化学的に活性になったもので、非常に不安定で強い酸化力をもち、血液中の脂質を酸化させて有害物質に変えてしまうとともに、細胞内に侵入してその細胞の遺伝子を損傷します。
この活性酸素をいちばんつくるのが顆粒球で、私たちのからだの七割の活性酸素が顆粒球から放出されていると考えられています。
ですから顆粒球が多くなれば、必然的に活性酸素の放出量もふえるのです。
たとえば顆粒球が多くなると、皮膚の色が黒くなって活性酸素焼けしていきます。
粒球が多い状態になって皮膚に現われる活性酸素焼けなのです。
シミは、老化によって顆また、がんの発生母体は上皮と腺細胞です。ここは、顆粒球が押しかける常在菌がいる場所です。この上皮細胞や腺細胞はつねに再生が行なわれている場所で、ある程度であれば活性酸素によって細胞が壊されても新たな細胞に置き換わります。しかし、顆粒球が多くなりすぎて活性酸素が過剰になると、細胞の再生を極度に促されることによって障害を起こして発がんすることになるのです。

治療しましょう◎
薬を使う生活に慣れてしまっています。

免疫の機能に関係するHLA

認知症の末期でした。しかも、顆粒球が多くなっている状態では、一方のリンパ球が少なくなっていますから、がん細胞を攻撃するはずのNK細胞などの力は低下しているわけです。顆粒球過剰な状態が続けば、がん細胞はどんどん増殖していくことになります。それでは活性酸素を出さないようにすればいいのかといえば、そう単純にはいかないのです。活性酸素は私たちが生命活動をしている以上、必ず発生するものです。というのは、私たちの細胞が代謝を行なうと必ず酸素を消費するので、それにともない活性酸素が出るからです。
私たちが摂取した食べ物は、呼吸によって体内に取り込まれた酸素によって、細胞内で酸化されてエネルギーに換えられます。
そのとき、活性酸素は細胞を酸化することによって行動を活発化させるはたらきもしているのです。つまり、活性酸素が適度に生じるとき、新陳代謝が活発になって交感神経優位の活動的な状態になっているわけです。ですから、活性酸素を必要以上に悪者扱いするのも問題です。うつ病の人の血液を調べると、顆粒球が非常に少ないのです。つまり、活性酸素の量も少ないというわけです。このように、顆粒球が極端に減少した状態になると元気がなくなることがあります。活性酸素も、結局はバランスの問題なのです。処理できないほど多くなりすぎると、酸化による組織破壊や老化を促進させることになり、極端に少ないようだと活力がない、元気のない状態になってしまうということです。そこで、体内に活性酸素が多くならないようにすればいいと考えるわけです。活性酸素を吸着する抗酸化物質には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ベータカロチン(人体の脂肪組織に蓄えられ、必要なとき一分子に分かれてビタミンAになる前駆体)などがあります。
しかし、吸着したあとでそれらを排泄できればいいのですが、体内にとどまると酸化物として老化を促進しかねません。
医師の助言もありました。

腰痛がある月経が始まる

そのため、脂溶性のビタミンEやビタミンAなどは、サプリメントなどでとりすぎるとかえって悪い作用をおよぼすことになります。
たとえば、若返りのビタミンといわれるビタミンEを排泄量よりも多くとると、活性酸素を吸着したビタミンEがからだに残って酸化物になり、かえって老化を促進することがわかってきています。ベータカロチンにしても、アメリカでがん予防のためにベータカロチンの大規模検査をしたのですが、多量に摂取したグループの発がん率がかえって高くなって、危険が指摘されて11年目には中止した経緯があります。ベータカロチンは水溶性なので、不必要なものは水といっしょに流れ出ますが、それがビタミンAに変化すると、脂溶性なので体内に残り弊害が生じることになるのです。
一方、妊婦がビタミンAをとりすぎると、活性酸素をどんどん吸着してしまいます。胎児の細胞は活性酸素で増殖しているので、活性酸素が減ってしまうと増殖が弱まって胎児に危険が生じてくるのです。
ですから妊娠している女性は、ビタミンAの健康補助食品をとらないようにとの警告が出されているくらいです。こうした脂溶性のビタミンは、食物としてとるぶんにはまったく害はありません。たとえばベータカロチンはニンジンやカボチャなどに含まれていますが、食物繊維も含んでいるので過剰なベータカロチンは排出されます。しかし活性酸素を除去するからと、サプリメントで摂取するときには、むしろ害が出る恐れがあることも覚えておいてください。
病気になりやすい人、なりにくい人ストレスが病気を引き起こす科学的な根拠からだはどのような反応をするのでしょうかストレスを感じると、脳下垂体の上の視床下部という場所から、CRHというホルモン(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン)がまず放出され、脳下垂体からACTHというホルモン副腎皮質刺激ホルモンの分泌を促してACTHが出されます。