薬や精神安定剤を飲む

医療関係者が勃起不全に対する効果に気がつき

薬害であり医原病
顔色が悪い、下痢や便秘が続く、疲れがとれないなど、自分でも体調の悪さはわかるはずです。そんな状態が続いているときには、注意をしなければいけません。人より早めに帰る、土日はきちんと休むなどすればいいのですが、まじめな人ほど、周りの人に合わせて無理を重ねがちになります。本人が疲れやストレスを感じていないつもりでも、どこか体調に異変があるということは、からだが悲鳴をEげているのです。まずは、自分のからだの声を素直に聞く敏感さが必要なのではないでしょうか薬で風邪を抑えるのは本末転倒日ごろ風邪をひきやすいかどうか、の状態がわかります。あるいは風邪をひいてもすぐに治るか長引くかなどで、その人の免疫力周りで風邪がはやっていても、なぜか、かからない人がいます。
そういう人は免疫力が高いのです。この数年、周囲の人が風邪をひいても、私だけはかかりません。免疫理論を提唱してからは、からだの声を聞いて免疫力を高い状態に保っているからです。
風邪をひかないのは、マクロファージが活性化しているからです。リンパ球で風邪のウイルスを処理しなくてはならない段階に達する前に、マクロファージのレベルでウイルスを処理しているのです。白血球はからだの健康度を示す指標なのですが、さらにいえば、白血球の約五パーセント程度を占めているマクロファージが、からだの元気さを代表しているといえます。個体全体が元気ということは、マクロファージが活性化している状態にあるのです。すると、風邪のウイルスがからだに入っても、リンパ球を使わないレベルでシャットアウトできるのです。
マクロファージはからだが頑張る力を反映している、からだの基本なのです。

免疫力が高まる。

よく仕事で忙しく頑張っている人のほうが風邪をひかないといわれますが、そのときは、その人の白血球のマクロファージが活性化していることを示しています。しかし、その頑張りがすぎると問題が起こります。頑張っている人の場合は、日ごろ、交感神経が緊張して白血球数が多くなっています。その場合、白血球のなかの顆粒球のほうが多くなるわけです。それがバランスの範囲内にあるうちはいいのですが、無理を続けると顆粒球が多くなりすぎて、活性酸素がからだの組織を傷つけることになります。風邪はひかないかもしれませんが、ある日いきなりがんになるというように、大病になる危険性もあるのです。
ですから、日ごろ風邪をひかないといっても、いつも無理して緊張が続いているような場合は要注意です。私の場合には、無理をしないように注意しています。その点では、白血球数もバランスがいいのです。同じように風邪をひかないといっても、からだに余裕があって風邪をひかない人と、限界まで使い果たして風邪をひかない人がいるのです。

その違いは、やはり顔色などを見ればわかります。風邪をひきやすく、すぐに高熱を出しやすいのは、もともと副交感神経に偏りすぎて、日ごろから低体温の人です。顆粒球が減少気味で白血球総数が少なく、見かけはリンパ球の比率が高くなっています。発熱することで風邪のウイルスと戦う力を出すわけですが、リンパ球の比率が高くなると、過剰反応を起こしてすぐに高熱を出してしまいます。
子どもが風邪をひくと高熱を出しやすいのは、リンパ球の割合が高いからです。
を出しにくくなります。それはリンパ球の割合が低くなるからです。しかし、大人になると高熱高熱が出たとき、慌てて病院で解熱剤を処方してもらって使うのは、かえって風邪を長引かせることになります。

 

健康に送ることができている

耐えられるうちは解熱剤は使わないほうがいいのです。どうしてもつらいようなら、一時的に使うのは仕方ありませんが、四〇度近くまでは使わないほうがいいのです。からだはせっかく体温を上げてリンパ球が活躍しやすいように免疫力を高めているのに、熱を下げることで、その力を弱めてしまうからです。多少の熱が出ても、三日も我慢して寝ていれば、だいたい治癒に向かいます。
本来、風邪に効く薬はありません。熱が上がって苦しいからと解熱剤を飲み、咳や鼻水などの症状を抑えるために薬に頼るのです。そんなふうに一時的に症状を抑えても、無理して仕事に出ていると風邪は長引くだけです。薬を飲むことで、自分の免疫力を低下させてしまっています。ですから、薬で風邪を抑えようとするのは本末転倒です。風邪をひいたら、仕事を休んで、ゆっくりと寝ていれば早く回復するのです。二十代で無気力な人は白血球の総数が少ない二十代は当然、免疫力も高いので、で免疫力も低い若者がふえています。大きな病気にかかることはあまりありません。

ところが、最近は無気力二十代で病気になるのは、子どものころから、ほとんどからだを動かしていないケースが多いのです。最近は小さいときから勉強、勉強で学校と塾の往復となり、遊びといえば家に閉じこもってゲーム三昧の子どもが少なくありません。そんなふうに、まったく運動せずにからだを鍛えることなく大人になってしまった人は筋肉が少なくてすぐに疲れるので、歩いたりからだを動かすことを嫌います。それでは気力も湧かないし、気白血球でわかる健康度マクロファージ割合が高くても実数は減っている!
迫も出ません。
そういう人は、体力がないだけでなく、ストレスにも弱く、ちょっとしたことで破綻をきたします。ニートといわれる人たちも、からだを鍛えない子ども時代を送った人たちに多いのです。ですから体力も気力もなくなかなか社会の荒波に立ち向かっていけません。

ストレスがなくならない
人間はからだを動かすことで機能を維持するようにできています。運動しなければ、からだの機能を高めることはできないのです。からだを動かさないと免疫力も当然低下します。免疫力が低下すると気力も湧きませんさすがに二十代のうちは病気になるほどではなくても、いる証拠です。
無気力状態であるということは、免疫力が下がって免疫力の状態は白血球を見ればわかります。すでにお話ししたように、私たちのからだはそれぞれの細胞が特殊化してできています。そのなかで唯一、特殊化していないのが白血球ですから、白血球の状態が個体全体の状態を反映しているのです。その状態が悪ければ、特殊化した細胞にもいろいろな障害が出てくる、すなわ病気にもなるというわけです。
白血球の数は、その人の代謝力と正比例しています。ですから、活発な人は白血球の総数が多く、覇気がな無気力な人は、白血球の総数が少ないのです。それを決定づけるのが、白血球のなかでも割合の多い顆粒球であることは、もうおわかりでしょう。顆粒球が少なくなって白血球の総数が減ってくると、リンパ球は見かけ上は比率として高くなります。ですから、無気力状態ではリンパ球の比率が高くなるのです。

たとえば健康な状態で白血球の総数が六000程度だとしたら、顆粒球、リンパ球、マクロファージの割合は約六0パーセント、三五パーセント、五パーセントといった具合です。そのときリンパ球の数は11100です。ちなみに顆粒球は三六00、マクロファージは三00です。
ところが、無気力状態になると白血球の総数は三000程度まで下がってしまいます。するとリンパ球の割合は四五パーセントまで上がりますが、その数は一三五〇。顆粒球は五0パーセントの一五00、マクロファージは一五0となります。

 

症状が改善

白血球の数は喜怒哀楽も映し出す。いま述べたように白血球はからだの健康度を反映しているのですが、それだけではありません。白血球は私たちの喜怒哀楽とも関係しているのです。白血球の数を測るまでもなく、その人が元気でハツラツと生きていれば、白血球の数はある程度多いと予測できます。
落ち込んでいる状態であれば、白血球の数も明らかに少なくなっています。絶望するほどうつ状態になったときには、白血球の数はガクンと落ちて五000から二000台にまで下がったりします。当然、免疫力も落ちるわけです。拒食症の場合も、白血球数が11000台まで落ちてしまいます。食べないのは生命活動を停止したも同然でからだを維持する必要がなくなるので、白血球も必要ないと判断されるわけです。そして、拒食症になって体重がどんどん減っている最中は肌の色が黒くなります。やせていく過程では飢餓感が強くなるため交感神経が緊張し、顆粒球の割合が高くなって活性酸素焼けするからです。
ところが最大に減ってガリガリになった状態で安定してしまうと、顆粒球が減って、相対的にはリンパ球の割合が高く副交感神経優位な状態になるので、肌の色は白くなります。ただし、白血球全体の数は非常に少なくなっていまきがかんからだの細胞は、それぞれが骨や筋肉などの器官に特殊化されることによって、私たちの気持ちからは遠ざかってしまいました。実際、喜怒哀楽が直接に骨に影響をおよぼすことはありません。筋肉にしても、そのものが私たちの感情を反映するわけではなく、その収縮や弛緩のレベルを通してでしか喜怒哀楽を表わすことができません。
しかんそのなかで皮膚は、時間は少々かかりますが、私たちの感情の状態を反映します。皮膚の細胞はケラチンをつくるわけですが、たとえば幸せな人の皮膚は色艶がよくなり、逆に疲れが続いていたり悩んだり悲しみにくれている人は、艶がなくなります。そして何度か述べているように、白血球は単細胞生物時代からの生き残りで、ほかの細胞のように特殊化していないので、私たちの喜怒哀楽や代謝などのすべてに連動しているのです。私の行き着いた免疫学の特徴はここです。個体そのものの原点が残っているのが白血球なのです。白血球の数はその人のからだの健康度だけでなく、心の健康度をも映し出す鏡なのです。白血球の数とその人が心身ともに元気であるかどうかは、白血病のような白血球の病気のときを除いて相関関係があるのです。

症状がひどくなったりすることがあるかもしれません。

心筋梗塞になりやすい体質に変えてしまっていないかどうか。つまり、白血球の総数が半分になったときには、三000減ったうちの1100が顆粒球なのですが、リンパ球も七五〇減っている計算になります。マクロファージも一五〇減っています。実際はすべて減っているのですが、見かけ上はリンパ球の割合が高くなることになるのです。
ですから、リンパ球の割合が高いといっても、決していい状態ではないのです。白血球全体が減っていればからだ全体が元気のない状態であり、副交感神経が優位とはいえ、リラックスというよりは、気迫のない無気力な状態になっています。
そして、そういう人が低体温で風邪をひきやすくなります。風邪をひくとリンパ球の比率が高いので高熱を出します。体温が低く、そのままではリンパ球が力を発揮しにくいため、高熱を出すことによって風邪と戦う力を引き出そうとするからです。

合は割数白顆合适白それに対して、バリバリと仕事をこなす活動的な人の場合、白血球数が八000s九000の極限にまで達することがあります。こういう人はマクロファージも多くなるので、状態が続くと、顆粒球が多いために活性酸素で組織を傷つけやすく、る危険も出てきます。
風邪もひきにくいのです。
ただし、このいきなりがんなど大きな病気に見舞われバランスのとれた健康な人の白血球数は、ほぼ五000s七000で、その状態であれば、多少は忙しくても病気にはなりにくいのです。このように白血球の数が、その人の健康状態、元気度を示しているのです。
若くして免疫力を低下させないためには、毎日散歩したり、週に何回かスポーツクラブに行くなど、運動を習慣づけることです。日ごろからからだを鍛えて白血球の数をふやすように心がけておけば、風邪をひいたときでも高熱を出さずにすみますし、仕事で無理をするようなことがあっても、それに耐える体力がつくのです。


心筋梗塞になりやすい体質に変えてしまっていないかどうか。 病気にもなる 病気にもなる